石油会社に強い転職エージェントランキング

石油会社へ転職のポイントは?

天然資源として需要の高い石油。石油会社は国内だけでなく海外展開も盛んで将来性も明るい業界です。そんな石油会社への転職なら転職エージェントがおすすめです。

マイナビエージェントは専門のコンサルタントが、転職活動を適切にサポートしてくれます。もちろん石油会社の非公開求人も豊富に揃っているのも魅力ですね。

石油会社の求人に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・その関連サービスによる情報量が多く、応募書類の添削など役立つサービス満載。
・企業が選考の際の書類の中で、どこに注目しているかなどアドバイスを受けることができます。
・選考の際の書類対策について、事前にしっかり対策を練ることができるサービスです。



リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界分析、選考ポイントといった実践的な対策をすることができます。
・人気があって競争率の激しい業界でも、面接官の立場からシミュレーション可能なことです。
・選考の際に面接を強みにしてしまえば、他の志望者とくらべて大きくリードすることができます。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
typeの良い所はその豊富な情報量。自分の希望する業界・職種についてしっかり分析できます。
・非公開求人などを利用し、経験のある人が転職を行うのに利用するのにもおすすめです。
企業の種類も豊富であり、採用を目指す人の、個々のいろいろなニーズに対応しています。




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・DODAでは、これまでの経験やスキルを踏まえた上で、個別にエージェントへ相談ができます。
・現在の職場で抱えている悩み、あるいは転職の際にもっている希望を個別に相談できます。
業界の動向を踏まえた上で最適にキャリアプランを提案。新たな可能性を知ることもできます。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・キャリコネならば、例えば地方に住んでいる方でも、地元で勤務可能な求人を探すことができます。
・グローバル色が強い会社は本社も東京の場合が多いですが、地方での勤務もしっかりあります。
こだわりの検索をすることができます。自分の理想に沿った求人を探すことができます。



石油会社の求人事情は?

石油会社の求人事情を調べると、まずは求人のポイントがあります。それは職種です。石油会社の場合、職種は大きく分けて二つですが、それぞれにさらに細かい分類を含んでおり、そこによって応募の段階から大きな違いが出て来るからです。大きな分類は総合職と技術職であり、総合職は事務職を含む一般職とも呼ばれるもの、もう一方の技術職というのは、専門職や理系職などとも呼ばれるものです。総合職について見ていくと、経理や人事、総務、法務といった事務系の仕事の他にも、企画、営業といったものも含みます。一方、技術職については、輸入、開発、製品化、採掘などといった業務に従事します。基本的に理系の学生を対象にして、職種ごとに専門分野が対応しています。ただし、厳密なきまりはなく、各分野の基礎知識があれば採用は可能となっています。

石油会社で働くにあたっての大きな魅力は、海外勤務の可能性です。求人を見ても、例えば大手ならば必ずと言っていいほど海外勤務について明記してあります。石油会社の勤務を希望し、海外に出て活躍したいという人も多いでしょうが、その場合はまずは大手を中心に探していくのがポイントとなります。これについては、石油会社の扱うサービスや製品の基である原油は、基本的に海外から輸入し、国内で製品化することになっています。そして、大手の会社ならば採掘から製品化、サービスステーションでの販売まで包括的な業務を行っています。従って、業務を行う上で海外の事業所、油田といったところは重要な拠点になるのです。一方で、国内でも鉱業所での勤務があります。その他、石油開発の新規のプロジェクトも今後も継続して増加していくということが言えます。海外を中心に考えていい業界となっています。

気になることとして、待遇面と労働環境があります。石油会社の給与は基本的に高い水準となっています。大手は特に待遇面の良さが目立ちます。例えば大手ならば、初任給で23万、院卒で26万といったところが平均的な値になっています。初任給の基本給でこれですので、ここに手当が加算され、勤続年数も長くなってくると、収入面では結構なものになります。

求人を探すに当たって他にも注目したいのは研修です。研修は会社ごとに違いの出るところであり、働きやすさなどを考える上で重要なポイントになるからです。充実しているところでは、新人研修、段階的研修、キャリア研修、留学、海外派遣など様々なものが用意されています。

石油会社の採用基準は?

石油会社の採用基準で、まず最低限知っておきたいのは応募のための条件です。これは職種によって異なり、一つは総合職、もうひとつは技術職などと呼ばれています。これらの違いは、簡単に言えば技術職は理系の知識が必要であり、学部学科について指定がある職種になります。ここが大きな違いであり、他の部分は特に厳しい条件などはありません。また、新卒の場合、採用基準として重視されるのは学生時代の経験と面接での受け答えです。

このうち、学生時代の経験については、社会に出てからも役立つであろう経験が重要になってきます。よく言われることとして、失敗をどのように克服したか、壁にぶつかった経験、問題解決の経験、学生時代の大きな失敗、挫折の経験を話すことです。そこから何を学んだか、どのようにすればよかったか、また、自分をしっかり客観視できているかどうかなどが見られます。

よく人間性を面接で重視するなどとありますが、これは抽象的な言葉でよくわからない部分が多いです。一つ言われていることは、自分の経験をごまかしたり、中途半端に済ませようと考えていると、それは面接官に見ぬかれてしまうものです。無理に自分を良く見せようというのもそうですし、型にはまった典型的なことしか言わないのも同じです。この辺は一人で考えるのはなかなか大変な部分でもあるので、例えば転職エージェントなどのサービスを利用して、自己分析の段階から自分を見つめなおしてみるのもいいかもしれません。転職エージェントでは希望の職種がない人に向けても、自己分析の段階から採用後のフォローまで長くサポートしてくれます。採用条件などの知識にも精通しているので、おすすめのサービスになります。

他にも考えておくべきは、成長の可能性です。この点については、面接の段階で、変に擦れていないか、前向きであるかなど、その人の人間性の部分から判断されます。知らず知らずのうちにマイナス思考をしてしまっている人、問題があった場合にどう解決するか考えることをしない人は、自分でも気がついていない場合が多いです。普段のちょっとした心構えから変わっていくので、成長可能性という部分に注意して、自分を見つめなおしてみましょう。

また、求人情報、その会社の情報を知っておくのも大切です。これは最低限のマナーでもあります。自分が受ける会社のことには、普通の人よりは詳しいくらいになっておかないと、面接などですぐにバレてしまいます。


Copyright (C) 2014-2018 石油会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.